クラウド型ドライブレコーダー

クラウド運行管理システム

wadachi -ワダチ-
働き方改革推進!!
ミラー型・据え置き型レコーダーをご用意しています。
パソコンでどこからでも走行軌跡を確認できます。

wadachi(ワダチ)の特徴

wadachiを導入することで、運行データを本部で一元管理できるようになり、
「事故防止」「業務効率化」「コスト削減」など様々な課題を解決できます。

  • 事故防止
  • 業務効率化
  • コスト削減

wadachi(ワダチ)が選ばれる理由

  • 4Gクラウド連携

    4Gクラウド連携
    (クラウド対応ドライブレコーダー4G)

    スマホがなくてもクラウド連携。
    通信会社も選べます。

  • 専用ソフト不要!

    専用ソフト不要!

    PC、タブレット標準のブラウザで確認できます。
    Windows、Mac、Android、iOS対応なので新しく端末導入する必要はありません。

  • ハードウェアが選べ、取り付けも簡単!

    ハードウェアが選べ
    取り付けも簡単!

    ミラー型、据え置き型、小型(開発中)からハードウェアを選択できます。
    ポン付け可能なレコーダーもご準備しています!

  • 初期費用・月額費用が業界最安!

    初期費用・月額費用が
    ともに業界最安!

    ミラー型、据え置き型のドライブレコーダーを業界最安の15,000円以内でご提供しています。
    楽天SIMパック利用なら、システム利用料込み月額1,000円/台で運用可能!

  • レコーダー台数に合わせて管理者アカウント無料利用可能!

    管理者アカウント無料!
    (20台につき1アカウント)

    レコーダー20台につき管理者アカウントをひとつ無料でご利用いただけます。
    導入台数に合わせて管理者アカウントが無料で追加できますので、サービス規模を選ばず導入していただきやすいです。

  • ソフトウェアは自由にカスタマイズ可能!

    ソフトウェアは自由に
    カスタマイズ可能!

    ソフトウェアは、拡張性が高いシステムで構築されています。
    サービスに合わせて、追加機能の開発もご相談ください。

wadachi(ワダチ)の機能をご紹介

wadachiはクラウドを活用したドライブレコーダー。
クラウド経由で、ドライブレコーダーから送信されるデータを
リアルタイムで本部から確認できます。

クラウド経由でリアルタイム連携。場所を選ばず、どこでも状況を確認できます。
  • 走行の軌跡記録機能

    クリックで拡大表示

    1走行の軌跡記録機能

    走行の録画・再生ははもちろんのこと、wadachiは走行の軌跡をデータとして残すことができます。走行の軌跡は5秒間隔で地図上に表示され、録画データとあわせて保存しておくことができます。
    ドライブレコーダーの走行軌跡と、走行時間を照らし合わせることで、大量の運転記録を効率的に確認できます。

  • 危険運転検知・送信機能

    クリックで拡大表示

    2危険運転検知・送信機能

    wadachiには、設定した速度の超過や、急加速、急減速、急ハンドルなどの危険な運転を検知し、管理者へ送信する機能があります。
    危険運転をリアルタイムで送信するため、ドライバーの運転意識向上、事故率の削減に効果的です。

  • 危険運転ポイント再生

    クリックで拡大表示

    3危険運転ピンポイント再生機能

    走行記録画面で、危険運転のマークをクリックすると危険運転があった時間帯前後をピンポイントで再生することができます。
    どんなシチュエーションで、危険運転が発生しているかわかるため、対策を立てる際の有用な資料となります。

  • 出庫・帰庫自動チェック

    クリックで拡大表示

    4出庫・帰庫自動チェック

    wadachiには、出庫と帰庫を自動で認識し、時間を記録する機能があります。また、あらかじめ設定しておくことで、出発場所以外にも特定の場所の通過時間を記録しておくこともできます。
    wadachiは自動車の電源と連携しているため、エンジンを掛けると自動で記録を始めるので、記録漏れの心配もありません。

  • 日報・月報自動作成機能

    クリックで拡大表示

    5日報・月報自動作成機能

    wadachiには1日の走行データを指定のフォーマットのデータにし、日報として自動で送信する機能もあります。
    ドライバーや管理者の作業負担を減らし、より重要な作業に集中できるのと同時に、日報・月報の御記入・送信漏れなど、人為的ミスを削減できます。

  • ドライバーの評価・運転傾向のデータ化

    クリックで拡大表示

    6ドライバーの評価・運転傾向のデータ化

    ドライバーのデータには危険な運転の履歴や回数が記録されており、一定期間のデータを参照することで、ドライバーの運転評価、危険な運転の傾向をデータで「見える化」できます。
    わかりやすくデータにすることで、適切な評価や、運転指導を行うことができ、業務の改善に大きく役立てることができます。

  • ドライバー全体での総合データ比較

    クリックで拡大表示

    7ドライバー全体での総合データ比較

    各ドライバーのデータだけでなく、ドライバー全体の危険運転などの情報を俯瞰して見ることができます。
    各ドライバーだけでなく、全体でのデータを見ることで、注意すべき道路、運転の効率が下がりやすいポイントなど、個人の運転技術に依らない全体の業務改善を推進できます。

端末を選べる柔軟性と、
業界最安の価格
1台からでもご利用できます。

車両ライセンス+管理者ライセンス込みで

月額

1,980/台〜

詳しい費用・導入の流れは
こちらからご確認ください。

  • お気軽にご相談ください!

    資料請求やご質問はこちらからどうぞ。
    導入や開発についてのご相談も
    お気軽にお尋ねください。

    資料請求・お問い合わせ
  • wadachi(ワダチ)の
    お申し込みはこちらから

    ご希望のお客様は、こちらから
    お申し込みください。
    お申し込み後に、担当者より
    ご連絡させていただきます。

    お申し込みフォーム